イオン銀行カードローン

現在では多くの金融機関がカードローンの取り扱いを行っており、その多さ故にそれぞれの特徴を掴む事が難しくなっているとも言えます。

その反面、以前よりもより私たちの生活に密接したものとなり、身近な存在になりつつあるカードローンですが、その中でも今、注目を集めているのがイオン銀行カードローンBIGです。

イオンと言えば、今や全国区に展開する大型商業店として誰もが認知している存在であると言えますが、その一番の特徴として挙げられるのは借入額の多さであると言えます。

イオン銀行カードローンBIGでは最大で800万円までの借り入れが可能であり、更には銀行のATMを始め、コンビニ、そしてスマートフォンからも利用が出来るといった便利さも注目すべき点であると言えます。

気になる審査基準としては、国内に住所を有している者であり65才未満の方、イオン銀行に普通口座を有している方、契約者自身または配偶者が継続的な収入を得ている場合、そして学生以外の身分である方などが基準として設けられています。

ある金融機関でのカードローンの審査基準などでは、契約者本人の収入などが要件として挙げられているところもある一方で、ここでは配偶者の収入まで審査の間口を広げているといった点も、より利用者にとっては嬉しい配慮であると言えます。

また最大で800万円までの融資という点も大きなポイントのひとつです。
多くの金融機関では、300万円から500万円程度の融資額を提示しているところも多く、そういった点からも条件次第ではより多くの融資が見込めるといった事が伺えます。

また気になる金利についても、変動金利ではあるものの、年3.8%から13.8%といった、比較的高くない金利であるといったところも安心して利用出来るポイントになると言えます。

イオン銀行も他の金融機関同様、申請された収入金額に応じて融資額を決定しますが、この際には多くの融資額を得る為に実際よりも多くの収入があると偽る事は禁止されており、最悪の場合には借り入れが出来なくなる可能性もある為、正直に申請する必要があると言えます。

目的別ローンのメリットデメリット

目的別ローンとは、その名の通り特定の目的のために利用するローンです。
自動車ローン、ブライダルローン、デンタルローン、教育ローンなどがこれにあたります。

目的別ローンのメリットとしては、なにより金利が低いことがあげられるでしょう。
金融機関によって金利はさまざまですが、銀行の自動車ローンなら1%から3%程度で借りることができます。

カードローンやフリーローンでは資金使途が自由ですが、最高金利が14%程度とかなり高めに設定されています。
この理由としては、資金使途が自由なローンはギャンブルなどに使われてしまう可能性もあるため、貸す側としてはリスクが高く、そのリスクを回収するために金利を高くしているという理由があげられます。

目的別ローンなら、限られた目的以外のことに使われる心配はないため、安心して貸すことができるのです。
目的別ローンの中にギャンブルローンといったものがないことから、社会的な需要があったり信用が持てる行為にしか融資をしないという姿勢がうかがえます。

例えば、ブライダルローンで200万円を金利5.0%で借りたとします。
すると、5年の分割払いにしたとしても利息は26万円程度になります。
これがもしも金利15%のカードローンで借りていたら、利息はおよそ85万円になってしまいます。
目的別ローンの最大のメリットは金利にあります。

一方、目的別ローンのデメリットとしては、審査に時間がかかることや、書類の準備などに手間がかかることなどがあげられます。
また、インターネットで手軽に申し込むことができず、店舗での契約に限られていることもあります。
このように、手間がかかるので、10万円程度の少額なお金を借りるだけの場合にはカードローンを利用したほうがいいかもしれません。

わずかな手間を惜しんで数十万円もの利息を損してしまうことになるのはとてももったいないですが、利息の差が数千円ですむのならわざわざ目的別ローンを利用することもありません。
しっかりとシミュレーションをしてみて、どういった借り方をするのがお得かを考えましょう。

銀行から低金利で早く借りる方法

銀行ローンならどれも低金利だと思われるでしょうが、銀行という金融機関はどこから借りるかによって金利が随分と変わってくるのです。
消費者金融は金利相場が決まっており、どこで借りても1%未満の差となるのが普通です。
しかし、これが銀行となると5%以上の差となることも多いので、低金利の銀行を探してから借りることが大切となります。

今はネットを利用すれば簡単に比較検討できる時代なので、上限利率の低いところを探していきましょう。
3.0%~14.0%という設定ならば、どんなに高金利でも14.0%を超えることはありません。
上限利率の部分で比較をしていくと、お得な銀行が見えてきます。
契約時から一桁の金利で借入できれば最高でしょうが、最初は高金利からスタートすると考えていいでしょう。

金融機関側から見れば、利用者が健全に利用してくれる方かどうか判断できません。
そのため最初は高金利からスタートし、利用状況をしばらく見極めながら今後の金利・限度額などを決めていくのです。

銀行から低金利で早く借りるためには、上限金利の低い銀行を選び、あとは借りる金額を少なくすることです。
同じ銀行に申し込んだのに、融資日数がまったく変わってくることがあります。
即日で借りられる方もいれば、1週間もかかってしまう方もいるのです。

融資日数が延びてしまう理由として多いのは、希望額が大きいことなのです。
銀行としては10万円程度ならすぐに融資してもよいと考えますが、50万円にもなると少し考えるものです。
金額が大きくなるほど慎重に審査をするので、融資まで時間がかかってしまう可能性が高くなります。
早く借りたい方に最適な金額は10万円であり、最高でも30万円に抑えておきましょう。

初回から高額を希望しても借りられない可能性が高くなり、緊急時に対応できません。
急ぎで借りたいときほど、借りる金額を抑えて審査を受けることが大切なのです。
初回から振込融資を利用する方は、カードによる借入よりも希望額を抑えたほうがいいでしょう。
即日銀行でお金を借りるには、高い信用力を求められるからです。